ルレアプラスをベースに、アフィリエイトに取り組むハルの実践日記。初心者の方が無料ブログで稼ぐ方法を追求していきます。

続・アフィリエイト確定申告~やばい知らなかった編~

前回の記事がこちら⇒アフィリ確定申告1

アフィリエイト収入は、その年に銀行に振り込まれた額で計算するのかと思いきや、「確定報酬」ベースで計算するという衝撃の事実!(周知の事実?)を知り、急いで各ASPの確定報酬レポートを確認しました。

で、確定報酬ベースでは、年間20万円を少し上回っていました。

が…

 

経費って?

この「確定報酬」がアフィリエイトにおける「収入」で、ここから経費を引いた分が、アフィリエイトの「所得」になるらしい。

「アフィリエイトの収入(確定報酬)」-「経費」=「所得」

この「所得」が年間20万円以下の場合には、確定申告は必要ないということらしい。となるとこの「経費」とは何なのか問題が浮上します。

ちょこっと調べたところによると、例えばパソコン代、レンサバ代、果ては家の家賃も経費にできないこともないとかかんとからしい。

すごーくすごーく印象的なところなんですが、税務署の人に経費ってことを証明できればいいっぽい。

だから、必ずしも領収書が必要ではなくて、購入の際のメールとか、クレカの引き落としの記録とかが残ってれば、大丈夫…多分。

そうなるとざっと見積もっても、経費で20万円超えるのは明らか。確定報酬は20万とちょっとだから、「所得」としては20万円超えなさそうです。

がしかし。

 

所得税と住民税は別

確定申告すると、そのデータを元に所得税が計算される。そんで、さらにそのデータは流用されて、住民税が計算される。

所得税は国に納めますが、住民税は市区町村に納めます。

で、年間20万円の所得というのは所得税の話で、住民税は収入があった場合は納めないといけないっぽいです。

つまり私の場合、確定申告の必要は無いが、住民税を納めるための所得の申告は必要になる…っぽい。

まだ確実なところではないのですが、今のところこんな認識でおります。15日まではまだ日があるし、平日休みだし、税務署に相談に行ってみようかな。

それが一番確実だ。

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です