ルレアプラスをベースに、アフィリエイトに取り組むハルの実践日記

ショートレンジにトレンドを+すると稼げる…かもしれないアドセンス。

ルレアプラスを実践する上で、最初は数稽古でたくさんブログを作っていくことになるかと思います。私もブログの数はそんなでもないですが、記事は結構書きました。

ショートレンジで500以上は書いたかな?中には、これ記事って言っていいんかいな?って代物もありますが…。で、私はルレアを実践する半年ほど前から、他にもブログ書いてました。詳しくは⇒ハルのアフィリエイトブログ歴

そのブログの経験があるために、変にプライド持ってしまったのが、最初にルレアで結果出せなかった理由のひとつなんですが、今考えれば良い面もありました。

それは、「ネットで稼ぐ」ということを実感できたことです。

 

アドセンスという選択

「Googleアドセンス」というのは、聞いたことある方も多いかもです。が、ルレアを実践していくにあたって、アドセンスを導入するのは「ロングレンジ」からになると思います。

ただ、ショートレンジで全く収益が出ていなかったり、出ていても雀の涙で何百円…という状態で煮詰まっていたら、Googleアドセンスを貼ったブログを作ってみるのも手です。

冒頭でお伝えした、私のルレア前のブログはアドセンスを貼っていて、半年で5ケタくらいにはなってました。(だからこそ、ショートレンジで全く稼げなくて、ダメじゃんこの教材!とか、ナメたこと抜かしてました…)

私のように、ルレアをナメちゃう原因になっちゃマズいですが、「ネットで稼げる」ことを実感するには、アドセンスは手っ取り早いと思います。

 

アドセンスはなぜ稼ぎやすいのか?

アドセンスは、クリックされるだけで収益が発生します。1クリックで数百円とかもフツーにあります。クリックでいいんです。広告をクリックした先で、訪問者が買ってくれなくても収益になります。

成約を取らなくていいので、普通のアフィリエイト広告よりは難易度低いと思います。アドセンス貼っておくと、頭のいいロボット?が自動的に広告を配信してくれるので楽ちんです。

見る人の興味にもとづいて広告が配信されるので、必然的にクリックされる確率も高いと言えます。正直言って、アドセンスに慣れすぎちゃうと、アフィリ作業がめんどくさくなる可能性もあります…!

「この商品はここにアフィリリンク貼って、そんでこっちの記事もリンクして…」みたいな面倒なことしなくても、アクセスさえそれなりに来ていれば、ぺこっとアドセンス貼っておくだけで、それなりに稼いでくれます。サイコー!

…って、そうなるとアドセンス頼みになっちゃって、もし停止されたら(アドセンスは結構厳しいらしい)、収入が無くなっちゃいます…。なのでやるとしたら、息抜きとして、肩ひじはらず適当にやるのがいいと思います。

というかアドセンスはある程度、適当な記事の方が稼げます。

 

アドセンスは適当な記事の方がいい?

適当な記事っていうのも変ですが、何といいますか、自分が誰かのサイトを訪問した時を振り返ってみると分かります。「必要な情報があるかな?」と思ってサイトに訪問しても、1記事読み進めたら「ありゃ?微妙だぞ?」ってことは、誰しも経験があるかと思います。

もしくは1記事読み終えたとしても、それで完結しちゃって、次に読むところが無かったりとか。で、そろそろそのサイトから退散しようかなぁ?って思ってたところに、自分の興味どんぴしゃりの広告バナーが出てきたとしたら、思わずクリックしちゃう可能性高いです。

だって、他に行くところが見つからないから。

でもブログを書いている方からすれば、クリックしてもらった方が「ウマー」なんですね。あなたが…というか私が、無類のガッキー好きだとします。(仮にです)記事を読んでいて「微妙だなぁ…」と退屈しかけたとこに、ガッキーがCMしてる商品のバナー広告があったとしたら、ついクリックしちゃう私の気持ち…

この気持ちが、アドセンスです。(なんじゃそら)

 

トレンドを書く

ええと、ちょっとわけわかんなくなりましたが、なんとなくイメージは湧いたんじゃないかなぁと思います。多分。で、アドセンスは基本的にアクセス数に比例して収益が上がるので、アクセスが来るテーマを選ぶと、稼ぎやすいです。

いわゆるトレンドですね。

ニュースで話題になってる事柄は、自分は興味が無くても、多くの人が興味を持ってます。なので、ニュースで扱われていることや、そのテーマの中で話題になっていることで記事を書けば、おのずとアクセスは集まります。

ただ、ショートレンジで煮詰まってるときに、興味のないテーマで記事を書くのは苦痛です…。なので息抜き的に適当に、自分の興味あるテーマでかつニュース性・話題性があることを、つらつらブログに書いてアドセンス貼っておくと、それなりに稼げると思います。

あ、もちろんショートレンジブログとは、まったく別のブログです。アドセンス専用のブログを作るってことです。

何せ、ある程度適当に記事を書いた方が収益は上がるので、良い記事を書こう!と息巻く必要はありません。テーマには興味あるけど、この記事はちょいと微妙…と思ってもらった方が、アドセンスをクリックする率は上がります。一期一会の関係にはなっちゃいますが。

あともちろん、散々「適当」って言っといて何ですが、ただ事実をだらだら書くとかじゃなくて、自分の思いとかを、素直に書いた方がいいと思います。その方が書きやすいので。

例えば…

ダメな例「年末は紅白歌合戦。お正月は駅伝。これが日本のお正月ですね。」

良い例「年末の紅白見ました?タモリさんとマツコさん、面白かった~!本当の親子のような雰囲気で、二人にしか出せない味がありますよね。タモリさんは「ブラタモリ」、マツコさんは「夜の巷を徘徊する」…どっちもゆる~い番組で、ぶらぶらしたくなっちゃいます。そして年も明けて、お正月はもちろん駅伝!…のはずが、風邪ひいちゃってダウン…とほほ…」

みたいな、これを「良い例」って言っていいのか分からないけど…こんな感じです。これくらいでいいんです。【追記】これぐらいでいいとはいえ、文字数はもっと必要。

テーマの設定さえ間違えなければ、それなりにアクセス来ると思います。あんまり難しく考えず、「テレビで話題になったことについて、自分の思いを書く」って感じでしょうか。

 

トレンドは武器になる

これの何がいいかっていうと、ある程度書いていくと、アクセスが集まるものと集まらないものが分かってきます。自分は超興味あるけど、世間的にはそんなに…ってこともあるし、自分はそこまで興味ないけど、アクセスめちゃくちゃ来る!とか。

段々とそのテーマの中の「需要」が分かってくるってことです。

すると、ルレアのショートレンジも収益あがってくる。…はず。

具体的には、商品選定の目利きが出来るようになるんです。「アドセンスブログの方で、この話題にアクセス来たよな…。ってことは、その話題の関連商品、これ発売前だからランキング外だけど、アクセス来るっぽいよな…」みたいな発想ができるようになるという感じですね。

あ、なのでアドセンスのブログは「ショートレンジでも扱えそうなテーマ」を選んだ方がいいです(最後の最後で重要なこと思い出す人)

んー。

でも例えショートレンジで扱えなさそうなテーマでも、アドセンスでそれなりに稼げると思うし、息抜きに好きなこと書けるし、テーマの需要が何となくでも分かるし、悪いことは無いと思います。

悪いことといえば、私のように本丸のショートレンジがおろそかになって、アドセンスブログの方ばっか更新しちゃうようになることですかね…泣

 

 

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles